働き方改革関連法の実施に伴う有給休暇の取得義務について<ニュースレター2019年4月号>

4月度のニュースレターになります。
働き方改革関連法の実施第1弾として、4月1日から一部労働者の年間5日間の有給休暇の取得義務化が開始されました。

合わせて、大企業に関しては来年4月1日から同一労働同一賃金の適用が開始されます。今月は、こうした同一労働同一賃金についての特集となります。

顧問先の皆様には、完全版でお届けするとともに、チャットワークでの解説もさせていただいております。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL