業務委託契約で特に気をつけたいポイント(ニュースレター2021年8月号)

8月度のニュースレターになります。

今月号は、業務委託契約で特に気をつけたいポイントについての特集をしています。企業が一定の業務やプロジェクトを遂行するために人を使う場合、様々な契約形態が考えられます。現在、考えられる形態としては、①労働契約、②業務委託(請負)契約、③労働者派遣契約、④出向・転籍契約があります。この中で➀の労働契約以外については、自社の労働者でなく、業務請負会社、派遣会社、関連・子会社など自社組織以外の労働者を受け入れるという点で共通しています。今回の特集で取り上げている業務委託(業務を受注する側からみると業務請負)契約については、かつて労災・雇用保険加入や社会保険料の負担を嫌う企業によって、脱法行為に近いグレーな運用をしていたことが社会問題となり、良いイメージがない方も少なくないと思います。

 

こちらの特集の他、顧問先の皆様には完全版でお届けをさせていただいております。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL